ポータルTop »

ソーラーシェアリング

今、話題! 日本初!メガクラス営農型発電所!

匝瑳メガソーラーシェアリング第一発電所は
当社のMaxarモジュールが使用されています!


設備概要

名称 匝瑳メガソーラーシェアリング第一発電所
場所 千葉県匝瑳市飯塚
容量 1,000kWh(1,198.2kWp)
モジュール枚数 10,419枚
モジュール型式 WWB株式会社 Maxar115W 単結晶
インバーター SMA社
耕作面積 約32,000平方メートル
耕作者 Three little brid合同会社
売電開始日 平成29年3月27日
作付作物 大豆、麦

日本初となるメガソーラーシェアリングプロジェクト

「匝瑳メガソーラーシェアリング第一発電所」は日本初となるメガソーラーシェアリングプロジェクトであり、営農を継続しながら太陽光発電を行う仕組みで、全国の耕作放棄地解消や農業振興、エネルギーの地産地消に加え、経済地域の活性化につながるモデルケースとして注目されています。 当社は本プロジェクトへ、Maxar115w単結晶を供給しており、落成式には細川・小泉・管という3名もの総理大臣経験者と共に、弊社代表取締役の龍潤生も出席いたしました。

メディア掲載 多数

テレビ

■テレビ朝日 4/4 21時インターネット放送 「abemaTV」

農家のソーラーシェアリングが進まない理由
https://abematimes.com/posts/2220755
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00010003-abemav-bus_all

■千葉テレビ 4/3 18時&21時半

匝瑳市にメガソーラーシェアリング

新聞 4/4(火)

■千葉日報(Web有料)

営農型メガソーラー 国内初 スリムパネル 匝瑳
https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/398975

■「歴史的な一歩」首相3氏そろい踏み

https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/398974

■東京新聞

脱原発の新たな象徴 千葉・匝瑳で農業+太陽光発電
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040402000115.html

■みんえねHP

https://www.energy-chiba.com/掲載記事-1/#cc-m-11008278091
https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/398975

事例紹介 三喜ファーム きのこ村

三喜株式会社様(Maxar 255wを使用)

愛知県で一番初めにソーラーシェアリングに取り組み、現在では名城大学の学生へ一部を貸し出し、実験へも協力されています。また、架台については社長自ら設計され、とても頑丈な作りになっています。
工作物:きのこ その他

ソーラーシェアリングって??

ソーラーシェアリングとは、CHO技術研究所の長島彬所長によって開発された、太陽光(ソーラー)を発電と他の事業の両方で分け合う(シェアする)事業です。

営農型では、耕作地の地上3メートルほどの位置に藤棚のように架台を設置し、作付する農作物によって異なるが、太陽光が適度にあたるように隙間をあけながら太陽光パネルを並べることによって、耕作地での営農を続けつつ、太陽光発電を一緒に行います。

メリット

1)収益の向上

農業と発電とのハイブリッド型収入により収益の安定化が図られる

生活水準の向上、及び農具への投資

2)作物の高品質化

収入の安定化により専業農家になれる。より高品質の作物を作ることができる。

太陽光が当たりすぎないことで土の湿度を保て、土の中の微生物の活動を助ける。

3)作業負荷の軽減

パネルの日影により夏場でも作業がしやすくなる。

4)後継者不足の解消と農業人口の増加。

安定収入が得られることで、若者が農業に目を向ける。

デメリット

1)資金調達

規模にもよるが、ある程度の資金調達が必要な場合があります。
分譲ソーラー発電所の販売実績多数の当社が、銀行や信販会社、行政などの各種融資をご紹介します!その他、活用できる税制のご案内も致します。

2)手間

太陽光発電システムそのもののメンテナンスが必要。
分譲ソーラー発電所のO&M実績多数の当社にメンテナンスをお任せください!

3)作業効率の低下

畑に架台が設置されることにより農作業が若干しにくくなる場合があります。
農機具のサイズや作業性を考慮して設計をすることで解消できます!

4)更新許可制

農業委員会への3年ごとの更新が必要なので見直しのリスクがあります。
1.営農を続けていること。
2.太陽光パネルの下の農地の単収が、同じ地域の平均的な単収と比べて2割以上減少していないこと。
3.生産した農作物の品質が著しく劣化していないこと。
更新のポイントとして主にこれら3つのポイントがあげられます!

ソーラーシェアリングで何が作れるの?


ソーラーシェアリングで収益をアップさせませんか?

お問合せはコチラから!

少し興味がある。話だけでも聞いてみたい。という方でも、ぜひお気軽にお問い合わせください!
また、以下の情報があればスムーズにお話ができます。わからなくても大丈夫です!

所在地・ 広さ・地目・ご予算